前へ
次へ

不動産売却をするときのさまざまな理由について

不動産売却は、土地を売ってその分のお金を得るために行うものですが、売却をする理由はさまざまです。あるアンケートによると、「住み替え」「相続」「資産整理」という理由が多く、この3つで7割程度を占めています。その他の不動産売却の理由としては、「転勤・転職」「金銭的理由」「離婚」などがあると言えるでしょう。また、売却の理由は不動産の種類によっても違い、マンションの場合は「住み替え」を理由とするケースが半分近くを占めていますし、土地を売却する場合は「資産整理」がトップの理由になります。そして一戸建ての場合は「住み替え」が最も多いですが、「資産整理」や「相続」を理由とするケースも少なくありません。では、それぞれの不動産売却の理由について少し詳しく見ていくと、まず「住み替え」については、不動産売却と購入を同時期に行う必要があるというのが大きな特徴になります。そのため、売却額に対する購入額の価格調整や、売却と購入のタイミングがやや難しくなるかもしれません。特にタイミングに関しては、売却と購入の時期をできるだけ近づけるようにするのがポイントになると言えるでしょう。次に「相続」については、不動産の権利を故人から引き継ぐための「相続登記」と呼ばれる手続きが必要になるという特徴があります。ですので、少し面倒に感じてしまう人も多いかもしれませんが、相続登記を済ませれば、あとは通常の不動産売却と基本的に同じです。相続を理由とする場合の注意点としては、いつまでも不動産を所有した状態にしておくと、その分の固定資産税がかかってしまうということです。そのため、不動産売却をすることが決まっているのなら、できるだけ早く相続登記をして売却したほうがよいでしょう。そして「資産整理」については、投資物件を現金化するケースや、相続対策で事前に親の資産を分配するケースがあります。資産整理をするときは、やはり、希望する売却額になるかどうかということがポイントになるでしょう。

安定した仕事をしている方であれば安心です
年収や勤続年数が安定している方は住宅ローンの審査に通りやすいので、しっかりと準備しましょう

住まいや場所を転々とするなら
持ち家よりも賃貸の方が引っ越し時にかかるコストを抑えやすいです

地域別にご紹介しております
春日井市の相場は、名古屋市に近い地域ほど高くなっております

実際にどれぐらいで売れているのか解説しています
岐阜県稲沢市で注文住宅の購入を検討されている方は、ぜひ参考にしてください

豊かな自然に囲まれた地域の情報
適度な利便性も両立された江南市で注文住宅を購入される場合は、一度ご覧ください

Page Top